スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱問題について考えてみる

昨今問題となっている燃費の偽装についてです。
車の燃費は運転の仕方によってものすごく異なるものです。
現在の日本車で、中小型排気量車かつ、CVTが普通となっていますが、この場合は、信号の少ない一般道を60km/hを超えないで淡々と走り続け、上り坂でも踏み込まず、速度の低下を気にせず、下り坂ではブレーキを踏まず、せっかくためた位置エネルギーと運動エネルギーをとにかく有効に使い、エンジンの回転数を上げないで、距離を走ることでかなりいい燃費が出ます。
この条件ではカタログ燃費を超えることもままあります。
当たり前ですが、こんな走り方はそもそも燃費シミュレーションの想定外ですから。
事実、私の所有する車は、カタログ燃費18㎞/Lですが、このような乗り方の場合、19km/Lを超えることも珍しくありません。
逆に、高速では燃費は大きく落ちます。
これはおそらく搭載しているCVTの最終減速比(ギア比)によるものが大きく、ギア比の幅がもっと大きくなれば(現在ではCVTも2段階になり、最終減速比を稼いでいるみたいですが)かなり改善されるかもしれません。
高速の最高速度が無制限のヨーロッパ車ではこの幅がかなり大きく、高速での燃費の落ち込みはそれほどでもないのは、そのような道路事情なのでしょう。まー制限速度で走ってれば燃費は良いんです。日本車がCVTで、ヨーロッパ車が多変速オートマを採用しているのは道路事情によるところも大きいのでしょう。
話は脱線しましたが・・・
前述の方法で、燃費を上げる走行を心がけて、問題の車を乗ったのですが、せいぜいカタログ燃費の8割~8割5分といったところでした。
これを高いと見るか、低いと見るかは人それぞれですが、前述のとおり、燃費を上げる方法で我慢の走行をしてカタログ燃費の8~8.5割というのはかなり悪いといえるのでは?
つまり、体感的にも偽装があったといわれて、さもありなんと思えるレベルであったといえます。

ここから本題ですが、燃費の偽装自体は安全性や走行そのものに影響を及ぼすわけではないので、燃費の損失分と少しの慰謝料で済ませたいとメーカーは考えているみたいですが・・・
それっておかしいですよね???
だってさ、これ食品だったらどーなの?
偽装表示は法律違反だから当たり前ですが、誤表示でも自主回収でしょ??
死なないから回収しませんなんていえるんですか??
そんなことした会社つぶれますよ???

それから、日産自動車さん。
うちは被害者ですって???
共同開発して、合弁会社で作って、それを売りにしたんでしょ???
そんな逃げ方できないでしょ??


仮に単純なOEMだったにしても、たとえばイ○ンとかのPBのト○プバリ○ーとかでさっきの誤表示あったら、製造工場の責任では逃げれないでしょうねー。
だって自分の看板で売ってんだもん。

もー一つ、瑕疵責任だってあんでしょ。

つまり、これの解決法って、自主回収しかないんじゃないの?
もちろん買った人が納得するのも売った金額での返品ですよ。

嘘ついて儲けたんだから、ekやらデイズやらで得られた売り上げもすべてはき出して、責任とってくださいな。
それが当たり前の対応ってやつじゃないのかな。

当たり前の対応ができないないっそのことこの2社はこの業界から消えてください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inakanoojisann

Author:inakanoojisann
森でひっそりと咲いている春蘭ってきれいですよね…
あんまり本文とは関係ありません。
少し思ったことを不定期で更新しています。
毒舌も入るかもしれないですが、あまりお気になさらず。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。