スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花見過ぎたら牡蠣を食うな考

ご無沙汰しております。
懲りもせずまた牡蠣の話題です。
花見を過ぎたら牡蠣を食うなと言いますが、まあ海外にも似たような諺はありますね。
「Only eat oysters if there is an R in the month.」ですね。
これについては前回の雑考で述べたとおりで、そもそもマガキの話ではないということにしました。
ではこの花見過ぎたら~ってのは…
正真正銘日本の諺なのでマガキのことなんでしょうね。

俗に毒を持つからとも言われますが…
と言うことで今回は毒についてです。
(かなり無理矢理なこじつけか??)

二枚貝類は毒を持つことがあります。
突然の話ですが、ほんとです。それに貝を捕食するカニなんかも毒化したりします。
そして、これは海の汚染とは全く関係ありません。
よく、何でもかんでも汚染と結びつけたり、温暖化や環境破壊と結びつけたりする人がいますが、私は基本的にそのスタンスには立ってません。
まあ、理由をよく考えないで、わかりやすい理由に(ほんとは全く理性的、合理的説明になっていないことも多々ありますが)飛びつくのは、結局カルトの信者と同じです。
世の中一つの共通の理由で解決できることなんて、リンゴが落ちることくらいじゃないでしょうかwww
とまたまた脱線です。
すいません。

この二枚貝の毒は貝毒と呼ばれています。
この貝毒は、症状によって2種類に大別されます。
1.麻痺性貝毒と2.下痢性貝毒です。
ではそれぞれの説明です。

1.麻痺性貝毒
Alexandrium属のプランクトンが作る毒です。
Alexandriumは渦鞭毛藻という,運動もするけど,光合成もできる不思議なやつらです。
これのうち,毒性が高いとされるタマレンセと言う種類は,水温が上昇を始める春先から15℃くらいまでかなぁ…
まあ,培養と野外だと競合する種類の関係で最適な温度は変わるので。
で,二枚貝などの濾過食性の動物が,こいつらを食べて,こいつらが作るサキシトキシン(STX)とかゴニオトキシン(GTX)といった毒が体に溜まるのが原因です。
STXとかGTXとかは結構毒性が高いことで有名で,フグ毒のテドロドトキシン(TTX)の数倍くらいの毒性があります。
症状はTTXとほぼ同じ(ナトリウムイオンチャネルのブロッカーなので)です。症状は食った後10分くらいで出てき,最初は口や舌がしびれ,目眩とか,顔面の麻痺とかが起こります。まあこの程度でしたら数時間もたてば治ります。問題は,毒量が多いときで,運動障害やら呼吸器不全やら起こして,死に至ります。昔は結構死亡例が多かったようです。
今は,食品衛生法により,4MU/gを超える麻痺性貝毒を持った貝は流通できません。
MUって聞き慣れないですが,これは毒の量を表す単位で,マウスユニットと言います。
麻痺性貝毒やら下痢性貝毒やらその他の毒で定義は少し変わるのですが,基本的には体重20gのマウスを1匹殺すことのできる毒量が1MUです。これが検体1gあたりに含まれると1MU/gとなります。
毒の効き方は基本的に体重が重ければ致死量が増えるので,少し計算してみると,以下の通りです。
ネズミと人の毒の効き方が同じと仮定すると,
体重60kg÷20g=3000
と言うことで,人だと大体3000MUくらいの毒を摂取すると死ぬ訳ですね。
ただ,ネズミと人の場合毒の効き方が実際には違うので,人の場合は大体5000MUくらいが致死量となります。
もし4MU/gの牡蠣を食べた場合だと,牡蠣の重さを15gとすると,1個の牡蠣に含まれる毒量は60MUなので,
50個×60MU=3000MUとなりますね。
なので,一気に50個食べるとやばいと言うことになります。
わんこそばじゃないんで,一気に50個は無理かな。

実は私は貝毒が出ていることがわかっている状態で,興味から少し食べてみたことがあります。
(貝毒の発生状況は公表されています。)
その時は,口に入れて,咀嚼している段階で違和感を感じ,飲み込まないではきだしたのですが,舌やら,口やらの痺れがあり,口が閉まらなくて,気がつくと涎を垂らしてました;;
目の焦点も定まらなくなりました。まあ2時間ほどで症状は治まりましたが。

原因が明らかになると,対応もできるようになるもので,今はプランクトンの発生状況のチェックやら,実際に貝にどの程度の毒が蓄積されているかがモニタリングされるようになり,近年,流通品で貝毒の食中毒は起こってないです。
とは言っても,日本の検疫はザルなんで,輸入品ではわかりませんよ。ここ1年ぐらいで輸入品から見つかった事例もありますよね。
貝毒が出る時期は,検査のため大量のネズミが殺されている訳です。こうして食の安全は守られると…
考えると少し罪作りな感じですね。
ただ,よくわからないで,海からとってきた物を食べるとやばいですよ~www
5月くらいまでは海での拾い食いは注意してくださいな。

ちなみに,毒化しやすいのは,ムラサキイガイやホタテガイとされています。
カキは毒化しにくい部類になっているような…

2.下痢性貝毒
力尽きた…
また次の機会に
すいません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inakanoojisann

Author:inakanoojisann
森でひっそりと咲いている春蘭ってきれいですよね…
あんまり本文とは関係ありません。
少し思ったことを不定期で更新しています。
毒舌も入るかもしれないですが、あまりお気になさらず。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。